ビオチンが不足すると考えられるデメリット

 

ビオチン,白髪,効果

 

ビオチン(ビタミンH)とはどんな成分か?

 

ビオチンは体内で脂肪酸や糖質、アミノ酸などの吸収を助ける働きをし、別名ビタミンHとも呼ばれるものです。これは肌を健康に保ち、健康に欠かすことができない栄養素です。

 

日常的に食べている食材に一定の含有量があって、通常の生活を送っていれば不足することはないと言われています。しかしこれが不足するケースもあり、考えられるのは便秘のときです。腸内環境が便秘によって悪化すると、腸内細菌の数が足りなくなり、悪玉菌が増え結果的に不足することがあります。

 

卵白の摂り過ぎもいけません。卵白のアビジンという成分が生の卵白と結合し不足気味になってしまいます。それから飲酒と喫煙も原因になることがあります。アルコールの分解に大量に消費され、喫煙時にも同様に大量に消費され、不足に陥ります。

 

ビオチン不足になると起こる症状とは?

 

ビオチンは皮膚や爪、髪の毛などを健康的に保ち、筋肉痛や花粉症の緩和にも良いとされています。したがってこれが不足すると、皮膚炎・抜け毛・白髪・食欲不振・吐き気・うつ・結膜炎・筋肉痛・筋肉の痙攣などの体の不調が現われる傾向があります。

 

特に皮膚には深い関わりがあり、皮膚炎であるアトピー性皮膚炎・乾癬などはビオチン不足が原因で引き起こされ、悪化してしまう皮膚疾患です。不足することで免疫系統に異常が生まれ、皮膚炎という形の症状で体の表面に不調が現われます。ビタミンC・ビタミンB群・葉酸などと相性が良く、一緒に摂ると吸収効率が高まると言われています。