【白髪の予防・改善に期待!?】ビオチンの効果ってどんなもの?

 

ビオチン,白髪,効果

 

ビオチンはビタミンHともいわれ、肌の健康に必要なビタミンとしてアトピーなどの皮膚疾患の治療として処方されることもあります。そのビオチンが白髪の改善にも効果があるといわれているようです。

 

そこで日常生活ではあまり注目されないビオチンだけに、白髪対策にどのような効果をもたらすのか詳しく調べてみたいと思います。

 

 

ビオチンは白髪の予防・改善に効果があるの?

 

ビオチンが不足すると現れる症状の1つに白髪・抜け毛の増加があることからも、白髪の予防改善に係わりがあると考えられます。

 

そこでビオチンが白髪の改善に効果ありとされる理由を挙げてみました。

 

色素細胞を活性化

 

髪に色をつけるために必要なメラニン色素。そのメラニン色素を生成するのは毛根にあるメラノサイト細胞の働きです。メラノサイトの働きが滞ると、メラニン色素が作られなくなり、髪に色がつかずに髪がはえ白髪となってしまいます。

 

ビオチンには、このメラノサイトを活性化する作用があり、メラニン色素の生成に一役買っているといえます。

 

髪の健康維持に必要

 

ビオチン,白髪,効果

ビオチンは亜鉛と一緒に摂取することで補酵素として働き、髪の主成分であるケラチンタンパク質の合成を促進します。またケラチンタンパク質を合成するために必要なコラーゲンの生成も促します。

 

そのためビオチンが欠乏すると、抜け毛が増える、髪にハリやツヤがなくなるなどの症状がでるようです。

 

血流を促進

 

白髪の原因の1つに栄養不足があげられます。ですが仮に食事で十分に栄養をとっても、その栄養を体の隅々まで届ける役割の血液が滞っていては無駄になってしまいます。

 

ビオチンは収縮した血管を拡張する働きがあるため、血流をスムーズにし髪に栄養が届きやすくしてくれます。

 

【まとめ】
ビオチンは、細胞の活性化、新陳代謝の促進など髪を健康な状態に作り上げる働きを助ける以外にも、髪に色をつける、栄養を髪まで届けるなど、健康的な黒髪に必要な栄養素です!

 

ビオチンは1日にどれくらい摂取すればいい?

 

ビオチンの1日の摂取目安は成人の男女で50マイクログラムといわれています。現状、あまり意識的に摂取しなくともビオチンは必要量摂取できるといわれています。

 

ですが以下の場合は注意が必要です。

 

生卵が好きな方

 

ビオチン,白髪,効果

ビオチンの多く含む食品に卵黄があげられます。ですが面白いことに生卵の白身には「アビジン」という糖タンパクが含まれています。このアビジンはビオチンと結合してしまうため、ビオチンとしての働きを阻害してしまいます。

 

1日に5~6個以上の生卵を食べる方はビオチン不足になりやすいといわれています。加熱調理をした後はアビジンは性質がかわるため、ビオチンの働きを阻害する心配はありません。

 

喫煙者

 

ビオチン,白髪,効果

タバコのニコチンを分解するためにビオチンが必要となるため、喫煙者はビオチン不足に陥りやすいといわれています。

 

アルコールが好きな方

 

ビオチン,白髪,効果

アルコールの分解にもビオチンが必要です。ですので、毎日飲酒する方は、食事で摂取したビオチンがアルコール分解のために使われてしまうため、髪や肌のため使われるビオチンの量が減ってしまうのでご注意下さいね。

 

ビオチンに過剰摂取はあるの?

 

ビオチンは水溶性のため体内に蓄積されず、過剰摂取しても尿として排出されてしまいます。ですので、過剰摂取による副作用など健康被害の報告はありません。

 

ビオチン欠乏症の治療のため、1日の200mgのビオチンを摂取していても健康被害の報告はありませんので、安心できるといえますね。

 

ビオチンを多く含む食品

 

ビオチンが白髪や髪の健康に必要な栄養素ということがわかりましたが、どのような食品に多く含まれているのか調べてみました。表の数値は食品100gあたりに含まれる含有量です。

 

 

食品

含有量(マイクログラム)

魚介類

まがれい

23.9

あさり

22.7

ししゃも

17.9

かつお節

14.9

たらこ

17.9

豆類

ゆで大豆

11.1

納豆

18.2

卵黄

65

肉類

鶏レバー

232.4

牛レバー

76.1

豚レバー

79.6

野菜

えのきだけ

10.9

きくらげ

27

しそ

5.1

さつまいも

5

その他

やきのり

46.9

黒砂糖

33.6

からし

22.5

豆味噌

16.8

干ししいため

10.4

 

ビオチンは水溶性ですので、ゆでると成分が溶け出してしまうため、茹でる、煮るなどの調理法の場合は、スープや煮汁も一緒に飲むことをおススメします。

 

前述のとおり、卵は生卵よりも加熱調理することでビオチンを吸収することができます。目玉焼やゆで卵など80℃以上で調理してくださいね。

 

ビオチン単体よりも白髪に効果のあるものとは?

 

ビオチンは、白髪の改善だけでなく髪や肌の健康のためには必要な栄養素です。ビオチンは現状を維持するには十分摂取できているとしても、白髪の改善などのために多めに摂取しようとすると、以外にもとりにくい物かもしれません。

 

というのも、水溶性ですので調理過程で失われることもありますし、アルコールや喫煙の有無などによってもビオチンが使われてしまうからです。

 

食事だけでは不十分と感じ、サプリでの摂取を考える方もいらっしゃると思いますが、ビオチン単体での摂取はあまりお勧めしません。というのもビオチンは亜鉛と一緒に摂取することで働きが高まるなど、他の栄養素との相乗効果が高くビオチン単体で摂取してもあまり効果が期待できないためです。

 

私が白髪に悩んでいるときに出会ったサプリ「ブラックサプリEX」には、ビオチンはもちろん、亜鉛やアミノ酸など白髪に良いといわれる栄養素がたっぷり含まれています。しかもこれらの栄養素は美容内科医の先生が厳選して組み合わせや配合バランスを監修した信頼できるものなんです。

 

ビオチンにいたっては、1日分に408マイクログラム配合されています。これはビオチン1日の摂取目安の816%にあたります。白髪の原因が栄養不足なら、現状を上回る栄養量を摂取する必要があり、それを食事で補うのは不可能かなと思います。

 

白髪を改善したいと考えるなら、総合的に栄養素が摂取できるブラックサプリEXで効率よく体に栄養を満たしていくことをおススメします。

 

私がブラックサプリEXを買ってみよう!という気になったのは、ブラックサプリEXの体験談が書かれたサイトをチェックして、どれくらいでどんな変化が出始めるのか、イメージできたからです。即効性はないけれど、じわじわ効果がでてくることが理解できたことが購入の決め手でもあります。

 

気になる方はコチラのサイトもチェックしてみてくださいね。
私が参考にしたサイトです! ⇒ ブラックサプリEX